[リストへ戻る]
新着表示

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re: EAC最新版で日本語入力できない
282
: 2013/11/17(Sun) 22:11:10
Orz


> 2.EAC上で曲のタイトルに全角文字を入力できません。入力画面にはなりますが、確定できず。アルバムタイトル等、画面右上の部分は入力可能です。

Ctrl+Enter で確定可能です

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re^4: EACとPure Read
281
: 2013/11/06(Wed) 00:21:51
kazutomo

http://sonicdisorder.net/audiocd.php

あまりにもアクセス数が少ないうちの音楽CDの記事です(笑)
参考まで。

>juubeeさん
掲示板なんで自由に書いてもらっていいですよ。
逆に誰も書いてくれないから
いつも私が答えることになっています(笑)


確かにドライブが激安だからといって仕様を外れるものは
売ってないと思いますよ。
コストダウンも品質が落ちないように普通はやります。
レーザー出力のコントロールが各社違ってメディアとの相性で
読みやすかったり読みにくかったりはありそうですが。


>リッピングに関しては誤解が多く、
>1、ドライブやソフトで特別なことをしなくても、CDはデジタル的に正確にリッピングできている。
>2、CDプレーヤーでも、デジタル的に正確に読めている。
>という当たり前の事実が広く知れ渡ることが、まずは大事だと考えています。
そうです。大事です。
普通は何もしなくてもデータが読み取れて当たり前ですよね。
最初から不安定な規格だったら使えたものではありません。

オフセットとか気になりだしたらEACを使えばいいのかなというぐらいです。
EACは高音質でリッピングできるとか言うから勘違いが起きるわけです。
アナログじゃあるまいし、音質がよくなることなんてありません。
CDはCD音質でそれ以上にはなりません。

レコード(溝の形をそのまま音にする)のときの考えの方が
CDの原理原則を無視して言ってることもあるのかなぁ・・・


すみません、長々とどうでもいいことを書いてしまいました(汗

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re^3: EACとPure Read
280
: 2013/11/05(Tue) 13:17:23
juubee

○kazutomoさん

しゃしゃり出ましてすみません。つい、書いてしまいました (^^ゞ


○すなっちさん

>こんな感じの認識で大丈夫でしょうか?
大丈夫です。

私もPure Read は使っていません。
正確な確認をしなくても大抵大丈夫ですが、確認したい場合は、kazutomoさんがおっしゃるようにAccurateRipを使用するのがいいかと思います。マイナーなCDだと登録されていませんが・・。


>パイオニアの光学式ドライブの設計自体は、よく考えて作られているんですよね?リッピングに最適だとか。
意見の分かれるところでしょうが、個人的には、
最近の他社のドライブはコストダウンが進みすぎて、ドライブをそれなりに作っているところはパイオニアぐらいしかない、という実情だと思います。
だからといって、最近の激安ドライブでも、デジタル的に正確なリッピングができることには違いありませんので、これで十分という考え方もあります。


>「昔の光学式ドライブの方が音が遥かに良い」というのは怪しい情報です。
ここだけは、kazutomoさんと意見が分かれるところです。
「遥かに」とは言いません、「微妙に」と言っておきます。
もちろん、ドライブが違っても、リッピングされた音声ファイルはデジタル的に同じことを承知の上で、です。

音が違うと一口に言ってもいろんなレベルがあり、wavとflacで再生音が違って聞こえるのと同じようなレベルだとご理解下さい。プラシーボと言われても、私には違って聴こえるのです(笑)。

なので、先の書き込みにも、
>正確に読めていればどのドライブを使おうとどのソフトを使おうとリッピングされた音声ファイル
>はデジタル的に同じですから、音質も同じ、と言う方が一般的です。
と、「一般的」という言葉を使ったわけです。


かと言って、猫も杓子も、良いと言われるリッピング用ドライブを求める風潮には感心しません。
ほとんどの人は誤解に踊らされているだけで、デジタル的なことを理解し、実際に聴いて、本当に必要とする人はずっと少ないと思うからです。

リッピングに関しては誤解が多く、
1、ドライブやソフトで特別なことをしなくても、CDはデジタル的に正確にリッピングできている。
2、CDプレーヤーでも、デジタル的に正確に読めている。
という当たり前の事実が広く知れ渡ることが、まずは大事だと考えています。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re^2: EACとPure Read
279
: 2013/11/04(Mon) 21:06:16
すなっち

juubeeさんありがとうございます!
僕の知識なさすぎで済みません。分かり易くとても勉強になります。

「エラー訂正」と「補間」は似ているようで全く別の機能ってことですよね。=だと誤解していました
エラー訂正とは、元のCDと出来るだけ全く同じデータになるように復元する(CD内のデータと照合?して直す)
エラー訂正ができないほどのダメージの受けたCDだと、前後の音から穴を埋め合わせるための「補間」が行われる

こんな感じの認識で大丈夫でしょうか?(大まかに、大体にでいいです)

管理人(kazutomo)さんありがとうございます!

PureRead、まだかなりマイナーなんですね。
ですがパイオニアの光学式ドライブの設計自体は、
よく考えて作られているんですよね?リッピングに最適だとか。

>「昔の光学式ドライブの方が音が遥かに良い」というのは
怪しい情報です。

ですよね。ドライブで音質が変わるんじゃなくて、
多分再生環境で変わるんですよね。もしくはプラシーボ効果かもw
wavとflacで音質が変わるなんて話もありますよね。

お二人の意見聞けて良かったです。大変助かりました。有り難うございました。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re: EACとPure Read
278
: 2013/11/04(Mon) 17:38:32
kazutomo

書き込みありがとうございます。
返信遅れてすみません。

juubeeさんの書かれている通りであっていますので
そちらを参照ください。(juubeeさん、ありがとうございます)

ちなみに私はPureReadは使っていません。
PureRead自体も付属のソフトや有名どころでしか動作確認
していないと出ています。
(EACで使用しておかしな動きしても保証外ということでしょう)

最近ではEACにAccurateRipがついていますので、
ドライブのオフセットも合わせた状態で他の方とデータ的に
一致していれば、ほぼ間違えないと思います。
(CD状態やPC環境が違うが音楽データは一致するということなので)

デジタルなんで
「昔の光学式ドライブの方が音が遥かに良い」というのは
怪しい情報です。傷や汚れがあるからと言って
全体に影響することはないですし、何回再生しても
読み取る「0」と「1」が同じであれば音は変わりません。

「昔の光学式ドライブの方が音が遥かに良い」と言う人に
かぎってmp3とか使ってないですよね(笑)

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re: EACとPure Read
277
: 2013/11/04(Mon) 10:35:54
juubee

管理人さんではありませんが・・

●「エラー訂正」について

>EACのエラー訂正機能は、PUREREADのパーフェクトモードの機能を邪魔するものなのでしょうか?
いいえ。
両方とも、ドライブが持つエラー訂正機能を強化するものです。

どうも誤解されているようです。エラーが訂正される、とは、元と違うデータになってしまう、ことではありません。
逆です。元と同じデータに復元される、ことなのです。

1、読み取り時には読めない箇所が出てくる(読み取りエラー)。
2、読み取りエラーは、デジタルでは初めから想定済みで、あらかじめ記録時に、実際のデータ以外に、復元するためのデータも添えて記録しておく。
3、実際にエラーが発生したら、それを使って、元と同じデータに復元する。

のが、エラー訂正です。
エラー訂正は、ドライブだけでも行われています。
Pure Read や EAC のSecure mode など、ソフトに備わるセキュアなリッピング機能は、ドライブのエラー訂正機能を強化するものです。


●Pure Read の2つのモード
エラー訂正はHDDの読み取りの際にも行われていますが、音楽CDのエラー訂正の仕組みは、HDDのエラー訂正より緩やかで、
元と同じに復元できないほど酷い場合でも、音楽を再生することが優先されるためか、その部分の前後から計算して穴埋め
を行います。これを補間といいます。補間を行えば、元とは違ったデータになってしまいます。「プッ」というノイズになること
が多いです(もっとも、補間も行えないようなもっと酷い場合は、停止したり、次の曲になったりしますけど・・)。

エラーを訂正しきれず補間が発生しても続行するのが Master mode、補間が発生したらストップするのが Perfect mode です。

ただ、ドライブだけのエラー訂正でも、補間が発生するようなCDは、実際にはほとんどありませんし、あったとしても瞬間的な発生
にとどまることがほとんどです。セキュアなリッピングが必要な場面はあまり多くありません。


●セキュアなリッピング機能で音質が良くなることはありません。
誤解されている方が多いです。
セキュアなリッピング機能は、酷い傷や汚れなどがついたダメージCDを正確にリッピングするための機能です。

通常のCDなら、セキュアなリッピングを行わずとも正確に読めますし、正確に読めていればどのドライブを使おうとどのソフトを
使おうとリッピングされた音声ファイルはデジタル的に同じですから、音質も同じ、と言う方が一般的です。

ダメージCDの場合でも、ダメージは一瞬なことがほとんどなので、全体の音質に影響することはありません。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
EACとPure Read
276
: 2013/10/31(Thu) 19:27:35
すなっち

外付けBDドライブののBDR-XD04とEACを使用して、CDからすべてFLACで取り込む予定です。
パイオニアの光学式ドライブの特徴であるPureReadが非常にイイと評判ですが、
調べていくうちに気になることがチラホラ…。
管理人さんはピュアリード、使用していますか?
検索しているうちに「昔の光学式ドライブの方が音が遥かに良い」というような意見を見かけましたので。

それと、PUREREADのパーフェクトモードというのを使用して、音を正確に取り込める機能があると思いますが、
このモードは一言でいうと「全くエラー訂正を行わない」ことで、誤魔化さない純粋な音で
リッピングをすることができる機能だと認識しています。が、
困ったことに、EACにはデフォルトでエラー訂正機能がありますよね?
EACのエラー訂正機能は、PUREREADのパーフェクトモードの機能を邪魔するものなのでしょうか?

何が良いのか、悪いのか、分からなくなり少々混乱しています。
まだ迷っていますのでリッピングは来月から開始しようと考えています。
お暇な時で構いませんので、どうか、ご返答の方、宜しくお願い致します。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re^2:ネットワークオーディオの考慮と管理
275
: 2013/10/22(Tue) 00:11:26
kazutomo

返信ありがとうございます。

WHS2011でfoobar2000が動くかどうかは分かりませんが・・・
Windows7でも私は良いと思います。
たまに再起動は必要かもしれませんが、、よっぽどのことが
なければ落ちないと思います。

サーバー機能であればいくらでもソフトで対応可能でしょうし、
難しい設定するぐらいならWindows7でもフォルダの共有で
ファイルサーバーっぽくなりますし、あえてサーバーOS
必要ですかねー?

オーディオ用であればNUC+SSDでのファンレスPCが
いいでしょうねー。音楽聴いてる横でグォーってファンの音が
聞こえるのは嫌ですから。

最近はいろんなオーディオ機器でてきてますね。
ネットワーク対応とかハイレゾとか。
オーディオって昔からあるのにまだ進化するんだって感じです。

うちのHPにファンがいるのかどうかはわかりませんが(笑
気が向いたときに書きたいと思います。

7月にONKYOのスピーカーに
したのに更新してなかったり、、、、してますので
ほんとに不定期です^^

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re:ネットワークオーディオの考慮と管理
274
: 2013/10/21(Mon) 04:58:06
たまま

 早速のご意見、ありがとうございます。

 NASを兼ねたmusicサーバをPCでということになると、windows7では安定稼働に懸念がある?ので、サーバOSであるWHS2011あたりを候補にした方がよさそうでしょうか。

 また、常時稼働による騒音なども考慮すると、NUC+SSDでのファンレスPC+USB接続外付けHDDとして、音源は外付けHDDに保存した状態で運用するのがよいかも知れません。

 いずれにしても、wavpackでの管理で問題なさそうであることが理解できたので安心しました。

 あとは、ネットワークレシーバ機能を備えたオーディオ機器の入手ですが、納得できる環境を構築するには時間がかかりそうですが、満足できる環境が整いましたら、報告させていただきたいと思います。
 また、最近は、AVアンプにネットワーク機能も装備されているようですので、そちら方面を充実させるか迷うところです。

 kazutomoさんもネットワークオーディオが気になっているとのことで、music PC ファンのためにも是非参考になる記事をお願いいたします。

 この度は、貴重なご意見ありがとうございます。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re:ネットワークオーディオを考慮した管理
273
: 2013/10/20(Sun) 17:56:44
kazutomo

書き込みありがとうございます。
また、EasyWavPackのご利用ありがとうございます。

ちょうど私もネットワークオーディオが気になっていたところです。
ただ現在記事にする余裕がないので、放置している状態です。。

わかる範囲で答えさせていただきます。
まず、市販されているDLNAサーバ搭載NASというのはWavpackに対応
していませんので使えません。
ではFLACなら大丈夫なのかというと、おそらく曲ごとの
FLACには対応してるけど1アルバム1ファイルに固めたものは
その機器の対応状況によると思います。たままさんの懸念されて
いるとおりだと思います。

では、どうするのがいいかというと・・・

結論から言うと、常時ONのPCを用意すれば解決するかと思います。
PCはスペック的にはfoobar2000が動けばいいので
小型PCでもノートPCでもOKだと思います。
音楽専用PCにするのがいいのかなと思います。ついでにその
PCにUSB DACとスピーカーをつけて据え置きにするといいと思います。
(NASをやめてそのPCをNAS代わりに使うのもありだと思います)

方法としてはfoobar2000をメディアサーバーにします。
1.foobar2000のDLNAコンポーネントをインストールします。
 http://www.foobar2000.org/components/view/foo_upnp
 Downloadクリックしてダウンロード後、開きます。
 自動でインストールされると思います。
2.foobar2000を起動します。
 ファイヤーウォールの警告が出てきた場合は、通るようにします。
3.他のDLNA機器でfoobar2000 Media Serverを選択します。
 出てこない場合はネットワーク設定が違うか、
 OSのファイヤーウォールが効いてる可能性があるので
 見直してください。
4.これで再生可能だと思います。Wavpackはリアルタイムに
 wavにデコードされ、機器に転送されますのでほとんどの
 端末で再生可と思われます。携帯端末の場合はアプリによっても
 違うと思うのでクライアントアプリを探して試してみてください。
 ちなみにWindowsPCであればWindows Media Playerで標準で
 再生できると思います。


一応この方法であればファイル形式がWavPackでもFLACでも
その他の形式でもfoobar2000で再生できるものであれば
大丈夫です。しかも内部cuesheetもジャケット画像も認識
してくれますので、フル対応です。

ついでにRendererというのも入っていて、たとえばスマホ
からPCのfoobar2000もWi-Fiで遠隔操作可能です。
曲選んだり、停止したりも可能です。
ですので、常時ONにしておくPCにスピーカがついていれば
スマホから操作してコンポみたいに使えます。

万能なfoobar2000さま様な状態ですが、
おそらくこれでネットワークオーディオ化できるのでは
ないでしょうか。

ま、新規でPCを買うかどうかは別にしておいて
現在お持ちのPCで試してみてください。

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 |

- WebForum -