Web Forum
[記事リスト] [返信する] [新着記事] [過去ログ] [ワード検索] [留意事項] [管理用]

タイトル Re: セキュアすぎるリッピング
投稿日 : 2012/07/07(Sat) 16:32:56
投稿者 kazutomo
参照先
書き込みありがとうございます。

この手の内容は議論すると長くなりますし、
いろんな意見の方がおられるのでここでは簡単に回答します。
(基本的には参考URLに書かれていることとは反対意見になりますが)


まずタイトルの「セキュアすぎるリッピングは負荷が大きい」ですが
何の負荷でしょうか?ここからよくわかりません。
「音場がフラット」になる理由もわかりません。
私から見るとプラシーボ効果ではないかと思います。
(聞く場所やパソコン、スピーカ・イヤホンの状態、
 そのときの気分や疲れ具合、その他いろいろ)


音楽CDはCD-DA (Compact Disc Digital Audio)という規格に沿って
作られています。つまりデジタルで記録されているわけです。
実際の読み取りは、レーザーを音楽CDに当てて反射するかしないか
の「0」または「1」で行っています。
(実際にはもっと細かい制御していますが)

EACのセキュアやPureReadはこの読み取り時にエラーを検出した場合、
再度同じところを読みに行って、本当に合っているかを確かめて
います。
(普通はエラーがでてもそのままで、読み直ししません)

EACで取り込むと高音質という話がありますが、
正確には「読み込み時にエラーが出ても、
出来る限り訂正してくれる」ということです。
逆に言うと、特にエラーの出ない音楽CDであればどのような
取り込み方をしても同じということになります。

大抵の場合、エラーが出ないことが多いので、どの設定でも
どのソフトで取り込んでも問題ないと思いますが、
もしCDなどに傷や汚れがついていてエラーが出たことを考えると
セキュアモードにしておくのがベストかと思います。
(もちろんWAVで取り込むことが前提です)

どの条件でもバイナリ比較して同じファイルであれば
同じ音質のデータといえます。
そうでなければ世の中のデジタル機器を否定することになります。

リッピングソフトの違いで
本当に音場がフラット(しかも1曲通して)になってたらデジタルの
0と1の並びが全部変わってくると思いませんか?


音楽CDのリッピングに関してはこんな感じです。
ただし、リッピング後、音楽を聴くことに関しては環境によって
大きく変わることはあります。
(参考URLのようなことを気にされている方々はおそらく
 パソコン直結でスピーカやヘッドホンを繋いでいないとは
 思いますが・・・)



- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリーを一括表示します)


- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (右画像の数字を入力) 投稿キー

  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー

- WebForum -